妊活には葉酸サプリが効果的?!

結婚したら絶対に子供が欲しいと思っていました。しかし、なかなか良い出会いに恵まれず、結婚したときにはすでに高齢出産の年齢でした。卵子の老化も始まっているだろうし、妊娠しにくくなってきているのだろうと、年齢的なことを考えたことから結婚と同時に妊活を始めました。
年齢を重ねると妊娠しにくくなるとはいえ、まだ30代なのでタイミングをあわせていれば半年くらいで自然に妊娠できると思っていました。しかし、高温期、低温期は二相になっており、日数もそれぞれ問題がなかったにもかかわらず、1年たっても妊娠せず、精神的に辛くなってしまいました。不妊は他人事だと思っていたので、まさか自分がという気持ちでした。
それから不妊脱却のために、日頃の生活習慣を変えて妊娠しやすい身体づくりをはじめました。
妊活中は、規則正しくストレスのない生活を送ることや、身体を温めて血の巡りをよくすることが大切なのだそうです。
早寝早起きをして、3食規則正しく食べるなど当たり前のことから、身体を冷やさない対策としてお風呂は湯船に浸かり、腹巻や重ね履き靴下を着用していました。
血液の循環が良くなり子宮や卵巣にちゃんと血液が贈られるように、ウオーキングもおこないました。
また、特に気をつけていたのは妊娠しやすい食生活です。質のよい卵子を育てるために栄養が不足しないよう妊娠に必要な栄養素をバランスよく摂れる食生活を心がけました。卵子の元をつくるたんぱく質として、赤身肉や卵、魚介、栄養を運ぶ血液をつくる鉄分としてヒジキ、卵子の質をあげるビタミンEとして、アボカドやナッツ、ホルモンの分泌を活性化させ、分泌量を調整するといわれる亜鉛、子宮の環境を整えるビタミンAとしてレバーを食べていました。
どんなに生活を改善しても結果と結びつくとは限らないのが不妊です。
妊活中に親戚や友人が妊娠し、赤ちゃんを生んで幸せそうにしているのをみるととても辛かったです。だんだん焦ってくると、スーパーで妊婦さんや、赤ちゃんを抱っこしたお母さんを見るだけでも辛くなってしまいました。
妊娠した友人と食事をすることになりランチをしたときのことです。友人がサプリメントを飲んでいました。妊娠中なのにいいのかなと思い聞いてみると、葉酸サプリだからむしろ飲まないといけないという話でした。
葉酸が不足すると胎児の先天性の疾患をまねく危険があり、二分脊椎症などの神経管閉鎖症のリスクが高くなるのだそうです。妊娠超初期から摂る必要がある栄養素だから妊娠を希望しているなら今から飲んだ方がいいよとすすめられました。
葉酸は全身の血流を促し、子宮や卵巣の働きをよくする赤血球を作り出すそうなので、不妊にもよさそうです。妊娠前から葉酸サプリをとることで精神的にも、妊娠できないかもしれないという気持ちではなく、きっと妊娠できるはずと前向きにとらえられるようになりました。

その後、無事に妊娠、出産ができた私ですが葉酸サプリは手放せません。

そんな今は実は二人目不妊で妊活中ですが、葉酸サプリを継続しながら夫婦仲良くタイミングを合わせていれば、いつか。。。。

お金がないので自宅で妊活しています。

➡二人目不妊の妊活方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です