不妊とはどういう状態なのか

通常は男女が避妊無しの性交をして、射精後に精子が卵子まで到達すれば妊娠します。

ですが中には妊娠できないカップルもいます。
避妊せずに性交をしているにも関わらず、1年以上妊娠できない状態が不妊とされます。

1年というのはあくまで定義です。
もっと早くに不妊の可能性を疑える場合には、その時点で病院に相談されるのが良いです。

不妊には様々な要因があります。
一つの病気ではなく、いくつもの要因を全てまとめた症候群として、不妊症と言われています。

男性、女性、どちらかに原因があるのかや、どういった治療が必要なのかなど、病院に行かなければ解決が難しい場合があります。

病院では何が原因なのか追求しながらの治療になります。
原因の解明ができなければ、人工授精、体外受精、顕微授精とレベルの高い方法もあります。
医療技術の進歩により、妊娠するという結果までは辿り着きやすくなっています。

ただ、病院へ行かずとも妊娠を試みる方法はあります。
受精のタイミングを狙ったり、栄養を蓄えて妊娠に向けた体を作ることです。

体を作る重要な栄養素に、葉酸というものがあります。
母体、赤ちゃんともに必要な栄養です。
ほうれん草に多く含まれていることが有名で、緑黄色野菜も同様です。
ただ調理の際に消えてしまい、あまり摂取できません。

この葉酸を効率よく摂取するには、葉酸サプリがおすすめです。
用法を守れば、気軽に服用することができます。

葉酸が足りないと、妊娠におけるリスクが母子ともに高まります。
そのため意識的に摂取を心がけないといけません。

妊娠が分かった時点から葉酸サプリを飲み始めるのは遅い場合があります。
妊活を始めてからの服用が良いタイミングになります。

不妊の割合は意外と多く、男女カップルの1割に当たります。
年齢も大きく影響していて、年を重ねるごとに妊娠できる確率が下がります。
現在は晩婚化が進んでいますので、不妊の割合も増えることが予想されます。

妊娠できるカップルが多いだけに、妊娠が当たり前のように思われてしまうことがあります。
努力しているのに周りから配慮に欠ける言葉をかけられて、辛い思いをする方もいます。
これからは、不妊への周りの理解も必要になってきます。

今は病院で治療を受ければ、医療のおかげで妊娠できる確率は高いです。
ご自分達での努力では難しくても悲観的にならず、病院での相談を始めて下さい。
きっと希望を与えてくれます。

妊活の情報もたくさんあります。
ご自分に合った方法を上手に活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です